女性はなぜ不感症?

その機能は神経系とと一緒に交替と生理機能を調節するです。いつ調節しなければなりませんか?私達の内分泌の外部を受ける妨害の時、それでは、どんなの行為はを招きますか?主に生活習慣とと関係があります。

1. 盲目的にダイエットします

果物は永遠にランチの重要なのに取って代わることができません:それはランチの含んだ熱量と栄養の組み合わせ自由を備えないで体の持ってくるエネルギーに補充します。あまりに多く食用してまた(まだ)体内が多すぎる糖分を蓄積して内分泌が均衡を失いを招きをもたらします。だから、また(まだ)良好なののが食事をして慣れるのを保証してください、ランチは永遠に品物に取って代わっていません。

2. 寝る前に携帯電話を遊びます

寝る前に家電製品を遊んで、メラニン色素が分泌するのを抑えて、眠れないをの引き起こして、いまの状態が続くとまた(まだ)女性不感症ているように引き起こします。

3.外部の環境の影響

近代化する発展に従って、ついてくる環境汚染もだんだんひどくなって、女性の内分泌の不調に対しても罪責を免れがたいのです。空気の中のいくつか化学の物質、各種のルートを通じて(通って)人体に入った後で、一連の化学反応を通って、女性不感症を失いを招いて、女性月経不順、子宮内膜増殖症などの多い問題が現れます。

4. スポーツに不足します

よく運動して女性ホルモンのもっと良い女性不感症ことができて、月経不順、皮膚の色を改善してひそかに黄色で、食欲が症状に減退します。

5. 目が見えないで健康食品あるいはエストロゲンを使います

今多くの女性は保養するため、よく栄養食品と健康食品を服用して、実はこれらの健康食品は恐らく健康を丸飲みにしています。

健康食品の中のエストロゲンの含有量はとらえにくくて、多少健康食品は天然の食品の中から純化する植物のエストロゲンですが、しかし天然は自由に補い。もし女性はエストロゲンを補わなければならなくて、必ず病院にエストロゲンのレベルをするのを測定する行かなければならなくて、もしも検査結果は体内のエストロゲンのレベルがどうしても低いのを表示して、適切にようやく補充することができて、しかも医者の指導下で必ず行わなければなりません。

6. 徹夜します

人体の内に天然の生理的リズムが存在して、時計のように定刻に来て運行して、人体と外部が昼夜シンクロナイズするのを維持します。私達のホルモンも正常な勤務と休息の時間の上でようやくいつもと変わらない増減のことができることしかできません。人々が生理の規則に従わない時に、遅く寝て、徹夜して、内分泌が均衡を失いを招くかもしれません。

7. 精神の原因

現代の生活の中で、私達はみんなすべて各方面からの圧力に耐えなければならなくて、特に女性、体は男性ほど丈夫ではなくて、同等なの甚だしきに至っては更に重い圧力を引き受けて、精神は徹底的にリラックスしにくいです。もしもこのような緊張する状態和の情緒の変化は持続的に存在して、緩和することはできなくて、神経系まで(に)反射して、ホルモンの女性不感症れているのをもたらします。

phentermine weight loss

本文の原始アドレス : 女性はなぜ不感症? | http://www.womanfukansyou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です