女性不感症の心理的要因の6種類

性的機能に異常や障害の一つの不感症も不感や冷たい性の機能の障害は、一般の女性、男性が少ない表現不感症。それは主には女性の性欲に欠けて、性生活を求めていない、性交は冷ややかで、好きとか嫌いでない、性交時に焦りを感じながら、不快感や痛み。

ある人は自発的に回避性交性交時できないが、適切な性の反応が快感、または快感明らかではありません、満足しない。ある女性は性と快感さえも知らないし、体験したことがない快感高潮の感じ。

別の国と地域、未体験と少ない体験高潮性の快感は女性の割合の差が大きく、90%から10 %まで待たない。

ほとんどのところ、25 %を超える女性がありますか。少数の女性がほとんど毎回性交も最高潮に達し、約半数の女性は多かれ少なかれある未達成性高潮の経験。

一部の女性の初婚に適性生活をしているので、無快感や満たさないで、このようにセックスレス。

時間が経つにつれ、夫婦生活は徐々に調和体験、快感体験が強化さ。ただずっとない性欲を要求し、またはは性欲が、長期を生まない快感や快感が弱いため、性生活に興味はないがセックスレス。

女性不感症の6種の心理的要因

第一、子供の教育を受けて適当でなくて、セクハラによるトラウマが、宗教の影響や成人の模範などの要素の影響に対して、形成性生活の偏見、と思えば性交は汚い下品・淫蕩不潔な行為は、罪悪、「男の楽しみ、女を受ける罪」と述べ、性生活に対して嫌われ、反感を恐れる気持ち。

第二に、欠乏性知識、セックス恐怖心を恐れ、性交が痛みが生じるか、わからない男女性の心理の違い、新婚の夜男性アクション乱暴に焦って、すぐ達成性高潮射精し、女性は未体験快感が、逆に不快に感じるや痛み、何から生まれる膣痙攣。このまま行けば、性生活に対して日に日に冷ややかになる。

第三、妊娠心配、恐れもない信頼の避妊措置を抑えて、正常な性に満足しても、女性不感症。

第四、居住条件が悪く、干渉性生活、気持ちが楽しく、打ち込みないと興奮しにくい。

第五、夫婦の感情は不むつまじく、互いに信用、猜疑、反感を持って、発生性興奮性興奮。

第六、女性がより深刻なのオナニー習慣、結婚後は性交時強い快感が足りないとか、男性側のインポテンツ、早漏などの性の機能の障害、女性性に満足しない。

本文の原始アドレス : 女性不感症の心理的要因の6種類 | http://www.womanfukansyou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です